マウスウォッシュ

「口臭を何とかしたい」「虫歯や歯周病のケアをしたい」いろんな人が様々な口内トラブルの悩みを抱えています。

そんな悩みの解決の糸口のひとつとして挙げられるのが「マウスウォッシュ」です。しかし世の中には数えきれないほどのマウスウォッシュが発売されており、中には危険な成分を含む商品もあります。

では、一体どのマウスウォッシュがしっかり効果を発揮し、なおかつ安全性が高く使い続けることができるのでしょうか?

この記事では「マウスウォッシュおすすめランキングTOP5|2019年版」をご紹介。また記事後半では「マウスウォッシュの正しい使い方」「マウスウォッシュの使用上の注意点」についても触れていきます。こちらも参考にしていただければ幸いです。

今すぐランキング1位をチェック!

使用する前に知るべきマウスウォッシュの基本知識

女性

  • マウスウォッシュってどんな効果があるの?
  • 殺菌効果は高い方が良い?それとも低刺激タイプ?
  • 口に入れるし、定期的に使うものだし危険性とかない?

マウスウォッシュをこれから使おうと思っている人ほど、上記のような疑問や不安を持っているかと思います。

結論から言いますと”マウスウォッシュはしっかり予防効果を発揮し、身体に害のない成分構成のもの”を選ぶようにしましょう。

その理由も含め、まずは初心者の方にもわかりやすく以下の内容を解説していきます。

  1. マウスウォッシュの使用で得られる効果
  2. 殺菌効果が強すぎると逆効果になる
  3. 健康に悪影響を及ぼす成分を含む商品がある

マウスウォッシュの使用で得られる効果

マウスウォッシュと一口に言っても口臭予防・虫歯予防・歯周病予防といった様々な効果があり、それぞれ悩みに特化した商品ラインナップがあります。

口臭予防

女性
マウスウォッシュを使う理由として最もポピュラーなのが口臭予防。口臭の原因である細菌を薬用成分によってケアするものが主流であり、虫歯予防の効果も持っている商品が多数発売されています。

中には口臭予防だけに効果を発揮する商品もあり、これらは殺菌作用のある薬用成分を配合していないのが特徴です。虫歯予防などの効果は薄くなりますが、身体に害が少ないのはメリットです。

虫歯予防

虫歯
虫歯予防を目的としたマウスウォッシュは、虫歯の原因となる”歯垢(しこう)の蓄積”を予防する薬用成分を含んでおり、医薬部外品として取り扱われています。

注意点としては”歯垢を落とす作用”はないため、歯磨き代わりにはなりません。あくまでも予防効果です。

歯周病予防

歯周病
歯槽膿漏など、歯周病予防を目的としたマウスウォッシュは虫歯予防と同様に殺菌作用を持つ薬用成分を含む商品が主流です。

虫歯とは予防のアプローチが異なるため、殺菌作用の強い成分を含む商品も中にはあります。

殺菌作用が強すぎると逆効果になる

マウスウォッシュ使用者の中には「殺菌作用が強い=効果が高い」と解釈する方がいますが、これは間違いです。

確かに殺菌作用が強ければ細菌を死滅させる効果は高まります。しかしそれと同時に本来必要な常在菌まで死滅させてしまうのです。結果的に口内の免疫力が低下し、別の口内トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

健康に悪影響を及ぼす成分を含む商品がある

マウスウォッシュは口に含んで使うものであり、多少なりとも唾液と一緒に成分が身体に吸収されます。

ここで知っておいて欲しいことは”マウスウォッシュの中には健康に悪影響を及ぼす成分を含むものもある”ということです。

マウスウォッシュは毎日使うものです。健康面を考慮すると、売れ筋などを理由に商品購入することは実はおすすめできないのです。

身体に有害な成分

成分名概要
ラウリル硫酸ナトリウムシャンプーやボディシャンプーの主成分である合成界面活性剤で、成界面活性剤で、肌荒れやアレルギーを起こす。
サッカリンナトリウム昔は安価な人工甘味料として使われ、発ガン性があります。
トリクロサン自然界にない有機塩素化合物で、皮膚への刺激性がある。川や海に流れると、太陽光線によってダイオキシンに変化する。
塩化セチルピリジニウム皮膚や粘膜・眼を刺激し、場合によっては粘膜を壊死させる。
安息香酸塩
安息香酸ナトリウム
パラベン
細胞毒性が強く、突然変異性もある。保存剤として大半の洗口剤で使われている。
着色料青色1号に発がん性、赤色102号にぜんそく発作・じんましん・鼻づまり・目の充血などのアレルギー反応。他多数。

参照:るいネット , 日本人を狂わせる5つの有害物質

上記表のとおり、発がん性・アレルギー反応を含む成分も商品によっては使われている場合もあります。

毎日使うものであるからこそ、健康面も考慮して作られているマウスウォッシュを使いたいところです。

マウスウォッシュおすすめランキングTOP5|2019年版

マウスウォッシュ
マウスウォッシュを使うことに不安が高まった方もいるかと思います。しかし成分をしっかり考慮して選べば安心です。

では、一体どのマウスウォッシュを使用すれば良いのか?

ここで「マウスウォッシュおすすめランキングTOP5|2019年版」をご紹介していきたいと思います。

2019年度のランキング早見表は以下のとおり。

1位 ゴッソトリノ2位 デイリーワン3位 シシュテック4位 ブレスラボ5位 リステリン
ゴッソトリノデイリーワンシシュテックブレスラボリステリン
【最も期待できる効果】
口臭予防
【最も期待できる効果】
口臭予防
【最も期待できる効果】
歯周病予防
【最も期待できる効果】
口臭予防
【最も期待できる効果】
虫歯予防
【販売価格】
初回:1,518円(税込)
通常:4,840円(税込)
2回目以降:3,630円(税込)
【販売価格】
初回:980円(税込)
通常:5,581円(税込)
2回目以降:7,924円(税込)

※2回目以降、2箱での販売

【販売価格】
初回:1,628円(税込)
通常:9,680円(税込)
2回目以降:5,478円(税込)
【販売価格】
889円(税込)
【販売価格】
500ml:768円(税込)
1000ml:1,098円(税込)
【内容量】
1箱:30包(1包:8ml)

日本製

【内容量】
1箱:30包(1包:8ml)

日本製

【内容量】
1本:500ml

日本製

【内容量】
1本:450ml

日本製

【内容量】
1本:500ml 1000ml

中国製

【有害成分】
パラベン
【有害成分】
パラベン
【有害成分】
塩化セチルピリジニウム
パラベン
【有害成分】
塩化セチルピリジニウム
安息香酸塩
【有害成分】
ラウリル硫酸ナトリウム
サッカリンナトリウム
塩化亜鉛
安息香酸塩
着色料
▼詳細を見る▼詳細を見る▼詳細を見る▼詳細を見る▼詳細を見る

第1位 ゴッソトリノ

ゴッソトリノ

総合評価Sランク
効果口臭予防
価格1,518円~3,630円
内容量1箱:30包(1包:8ml)
安全性天然成分・低刺激

マウスウォッシュおすすめ第1位はサン・クラルテ製薬の「ゴッソトリノ(gosso torino!)」です。

10種類の植物由来成分と2種類の有効成分を配合。口臭予防・歯周病予防に効果的です。口内の悪玉菌の除去はもちろん、細菌の繁殖を助けるたんぱく質も同時に除去する効能が含まれており、持続性の高い効果が期待できます。

保存剤にパラベンが含まれますが、問い合わせたところ「メチルパラベン」が使用されているとのこと。これは食品保存料として使われる成分であり、実質的に無害と言えるでしょう。

販売価格は初回1,518円(税込)。2回目以降は25%OFFの3,630円(税込)。1日1回あたりの費用は121円(2回目価格/30日計算)です。

モニター調査では91.6%の人が効果を実感しており、名前に負けない確かな商品です。価格・安全性に関しても評価が高く、毎日使うマウスウォッシュとして最適な商品と言えるでしょう。

「ゴッソトリノ」公式ページ

ゴッソトリノの口コミ・評判

女性
一回使ったら病みつきになる!コップに出してグチュグチュして吐くだけで落としきれない汚れが目に見えます。

汚れを見せたいところですが本当名前の通りゴッソリ、カスが取れるから写真は見せれませんが。笑
ちゃんと汚れが見えるから毎日に普段の歯磨きもしっかり出来る様になりました

小分けになっているので衛生的にもいいと思いました。
引用:@cosme

女性
最近抜歯をしたのですが、口臭がめちゃくちゃにおってしまってどうしようか悩んでいました。
リステリンを使って対策をしていたのですが、涙が出るほどしみてしまい、諦めることに。
低刺激用のマウスウォッシュを探していたらたまたまゴッソトリノを見るけることが出来ました。
使ってみるとほとんど刺激を感じることもなく、口臭も落ち着いていきました。
引用:@cosme
女性
年齢と共に歯磨きしても口臭が気になって、一日に5回くらい歯磨きしてました(ToT)朝起きた時の口の中は、ネバネバ地獄臭(´Д`|||)

なんだか胡散臭い広告だなーとゴッソトリノのページをみてたのですが、使わずに否定するより使ってみて万が一効果があったらラッキーくらいのノリで購入

味も主張の強いものではなかったので、使用しやすかったので、とりあえず一週間寝る前に使ってみました。
朝起き時のネバネバがなくなってきました。舌から漂う不快な臭いも感じなくなってきて大満足です!

コストはやや高めですけど使用を続けようと思います。
引用:@cosme

「ゴッソトリノ」公式ページ

第2位 デイリーワン

デイリーワン

総合評価Aランク
効果口臭予防
価格980円~7,924円
内容量1箱:30包(1包:8ml)
安全性天然成分・低刺激

第2位はフロムココロの「デイリーワン(Daily1)」です。

9種類の植物由来成分と2種類の有効成分を配合、低刺激で身体に害の少ないマウスウォッシュとなっています。成分内容的に口臭予防・歯周病予防には効果的ですが、公式サイト記載のホワイトニング効果を実感することは難しいかもしれません。

販売価格は初回980円(税込)。2回目以降は60日に2箱ペースの配送で価格は7,924円(税込)です。1日1回あたりの費用は132円(2回目価格/60日計算)となっています。

早めに使い切ると次の発送までに時間がかかるため、使用ペースの考慮は必要そうです。ただ効果や安全性については文句なし、日々使うマウスウォッシュとしては最適です。

「デイリーワン」公式ページ

デイリーワンの口コミ・評判

女性
自然由来成分中心の優しいマウスウォッシュです。
市販のもののようにピリピリしないのがわたしにはピッタリでした!
味は甘いお茶に爽やかな香りが足されたような…自然な味です。

くちゅくちゅとすすぐだけでも口内はさっぱりしますが、そのあとブラッシングするほうがやっぱり効果ある気がします。

スティックタイプで持ち歩きできるのはかなり便利でポイント高いです!!
引用:@cosme

女性
口臭が気になる時にお口の中をすっきりさせたい時に、適量(8ml程)を口に含み、うがいした後吐き出し、その後ブラッシングをします。

初めて使った時にびっくりしました。
うがい後の吐き出し時に、お見せできないほどのカス汚れががっつり出てきました。
軽くブラッシングすると、歯がツルツルになった舌ざわりでした。辛くなくて、程よい爽快感です。

適量1回分の8mlずつがスティックタイプになっていて、どこでも使えるのが良いです。スティックそのまま使えるので、コップも要らず、バッグの中で持ち歩いてもこぼれる心配もなく、コンパクトサイズなので便利です。

歯ブラシが届かないところのケアもできるのが最強です。
引用:@cosme

女性
持ち歩きができるマウスウォッシュめっちゃ便利です。
最近外回りが増えたので、お客様先にお伺いする前にマウスウォッシュをしておくと安心です。

個包装になっているため、ポーチに入れて持ち歩いています。1回分が入っているので、そのまま封を切って口に入れくちゅくちゅとしています。食後は食べかすなども一緒に落とすことができとっても便利

少し刺激がありますがありすぎず
爽快感がある感じ
スーッとして口がちょっと油っぽい時にはスッキリしていいです。
もちろん口臭対策としても万能
お昼に少しニオイがきつい物を食べてしまったときにはお守りとして使うことができます。

マウスウォッシュ後ブラッシングするとホワイトニング効果もあるとのこと
歯が白くなることも期待しています。
引用:@cosme

「デイリーワン」公式ページ

第3位 シシュテック

シシュテック

総合評価Aランク
効果歯周病予防
価格1,628円~5,478円
内容量1本:500ml
安全性塩化セチルピリジニウムを含む

第3位はビアンカ製薬の「シシュテック(SYSYUTECH)」です。

配合成分は薬効成分と植物由来成分を含んでおり、歯周病予防・口臭予防・虫歯予防の全てに効果的です。また製品改良によって「ポリリン酸ナトリウム」が成分に追加、ホワイトニング効果も期待できます。

販売価格は初回(クレカ決済)で1,628円(税込)、2回目以降は5,478円(税込)。1日1回(10ml)あたりの費用は109円(2回目価格/50日計算)です。

なお定額コースは4ヶ月以上の継続契約が決められいるため、実質価格は4ヶ月分(初回+定期)の18,612円(税込)となります。単品購入も可能ですが通常価格となり、1本あたりは9,680円(税込)と少々値の張るマウスウォッシュです。

「シシュテック」公式ページ

シシュテックの口コミ・評判

女性
今までは薬局でマウスウォッシュを購入していましたが、ピリピリ感が苦手だったので評価の高いこちらを購入しました。
使い心地はピリピリ感をほとんど感じず、使った後はスッキリ爽やかになります。
歯の汚れまで取ってくれているようなので、使い続けていたら歯も白くなったような気がします!
最終は少しお高く感じましたが、オーラルケアとしての効果は抜群なのでまたリピートしようと思います。
引用:@cosme
女性
歯周病用のマウスウォッシュということで、夫婦で使ってます。リピート中。

軽度の歯肉炎を患っているのですが、口の中がスッキリするし、一時期本当にひどかった夫の口臭は全く気にならなくなりました。

正直ちょっと高いかな…と思うのですが、一度使い始めると本当によくて、しばらくはコレで頑張ってみます。
引用:@cosme

女性
刺激がツヨイマウスウオッシュは苦手だったので助かっています。値段がもう少し安くてもイイかな~。
引用:@cosme

「シシュテック」公式ページ

第4位 ブレスラボ

ブレスラボ

総合評価Bランク
効果口臭予防
価格889円
内容量1本:450ml
安全性塩化セチルピリジニウムを含む

第4位は、第一三共ヘルスケアの「ブレスラボ」です。

配合成分は塩化セチルピリジニウム、グリチルリチン酸ジカリウム。2種類の薬用成分が口臭原因に作用し、キシリトールとメントールによって爽やかな使い心地となっています。

エタノールが使用されており、少々刺激感は口に残ります。アルコールが苦手な方は予防効果は下がるものの、ノンアルコールタイプもラインナップとして販売されています。

販売価格は889円(税込)。1日1回(10ml)あたりの費用は20円(889円/45日計算)とコストパフォーマンスに優れています。

「ブレスラボ」公式ページ

ブレスラボの口コミ・評判

女性
ブレスラボのマウスウォッシュを試してみました。

口に含んだ時そこまで辛く感じないのにすすいだあとの爽快感がすごいです!ミントガムを食べた時のようなちょうどよい美味しいミント味なのもいいです。

マウスウオッシュなんてどれも同じ、と思っていたらこれは違いました。リピートしたいと思います。
引用:@cosme

女性
ダブルミントを使わせて頂いたのですが、口の中がとてもスッキリします!刺激が強めなので記載にもある通りアルコールが苦手な人はノンアルコールタイプの方が良いです!爽快感があるのはこちらです!
引用:@cosme
女性
スッキリとした使用感で忙しいときにサッと口を洗浄できるので仕事上でも嬉しいです。
アフター5のディナー前にもくちゅくちゅしてます!
寝る前にゆすいで寝ると翌朝スッキリした感じがしました!
引用:@cosme

「ブレスラボ」公式ページ

第5位 リステリン

リステリン

総合評価Cランク
効果口臭 虫歯 歯周病
価格768円~1,098円
内容量1本:500ml~1000ml
安全性発がん性、アレルギー反応物質を含む

第5位はジョンソン・エンド・ジョンソンの「リステリン」です。

マウスウォッシュといえば「リステリン」と言うほど知名度が高く、売上世界No.1とされています。様々な商品ラインナップが用意されており、口臭・虫歯・歯周病・ホワイトニングなど各口内トラブルに合わせた商品がそれぞれ販売されています。

リステリンの最大の特徴は大容量&高コスパです。1日1回(20ml)あたりの費用は21円(1,098円/50日計算)となっています。

刺激の強いマウスウォッシュとなっており、サッカリンナトリウムや着色料(青1号等)といった発がん性のある成分を含んでいます。またアレルギー反応を起こす成分も含まれており、安全性に関しては評価しがたい商品となっています。

「リステリン」公式ページ

リステリンの口コミ・評判

女性
もう何本も使用しています。ホワイトケアも使用していましたが、甘ったるさに慣れず。
刺激はものすごいですが、慣れるとそれがスッキリに繋がります。職場にもミニボトルを使用。
使用後は普通に歯磨き粉使用していますが、こちらで洗浄しておくと汚れやカスは取れやすいと思います。
歯茎が出血する事も無くなったように思います。
引用:@cosme
女性
リステリン歴数年…いや記憶にないだけで、十数年かも知れません。洗面台にリステリンがなかったら発狂します。
皆様の仰るように、口腔内への刺激に関しては初心者向けの商品ではないと思います。または、無理矢理慣れるか。
この商品を適量口に含みもにゅもにゅしますが、私的には口に含んでいる時間が長いほど翌朝の口腔内の様子が変わるように思えます。
つまりは、もにゅもにゅすればするほど翌朝スッキリします。私の場合は、歯磨きの前、または後にこれを口に含み、就寝の支度をする5分程度もにゅもにゅします。
するとどうでしょう、なんと甘く感じられるのです。そんなことはいいですが、とにかく数秒ではあまり効果は感じられないと思います。
引用:@cosme
女性
なんだかんだ3年以上愛用しています。辛いと言うか、とにかく痛い!!
が、それが「効いてるー!」と思ってます(笑)

実際には朝のネバつきが減ります。これを使った翌朝と使わなかった翌朝では全然違う!

他にも糸ようじを浸して使っています(^^)

初めての方は、少し水で薄めて使うことをオススメします!痛いので!
引用:@cosme

「リステリン」公式ページ

マウスウォッシュの正しい使い方

女性
マウスウォッシュは効果のある商品を見つけ出すことも大切ですが、正しい使い方を覚えて予防効果を最大限引き出すことも重要です。

歯磨き後に使用する(歯垢を先に取る)

マウスウォッシュを使用する前にしっかり歯磨きを行っておきましょう。

基本的にマウスウォッシュは予防効果のみ。あくまで口臭・虫歯・歯周病といった口内トラブルになりにくい口内環境を作ってくれるだけです。歯垢を落とす効果は無いため、”ブラッシング(歯磨き)の代わりにはならない”と覚えておきましょう。

ただ商品によってはブラッシング前にマウスウォッシュを推奨しているものもあります。ですので製品ごとの使用方法をしっかり確認し、指示に従って使用ましょう。

マウスウォッシュは水ですすがない方が効果的

マウスウォッシュ後は水ですすがない方が効果的です。

理由はシンプル。口内にマウスウォッシュの成分を滞留させることで予防効果を最大限に発揮させるためです。

使用感が気になるという方は軽く水ですすいでも問題ありませんが、すすぎすぎると効果はその分減っていくと覚えておきましょう。

マウスウォッシュ後の飲食は控える

マウスウォッシュ後の飲食は控えてください。

せっかく口内環境を整えても再び飲食をすれば、細菌増殖の原因となる食べかすが口内に残ってしまいます。

特にマウスウォッシュ直後の飲食は、口内に滞留してい薬品を体内に摂取することにも繋がりますので極力控えましょう。

口内環境が荒れている時は使わない

口の中に炎症があるなど、既に口内環境が荒れている場合はマウスウォッシュの使用は控えましょう。

薬用成分の強いマウスウォッシュの場合、激しい痛みを伴うのはもちろん。傷口から殺菌成分を体内に吸収することになりますので注意が必要です。

マウスウォッシュで口内トラブルを解決しましょう!

気になるマウスウォッシュを見つけることは出来ましたでしょうか?

マウスウォッシュは日常的に、なおかつ口に含んで使うものです。予防効果の高さに着眼することは勿論大切なことではありますが、安全性も視野に入れておきたいところです。

またマウスウォッシュはそれぞれ得意とする口内トラブルは異なります。自分がどんな口内トラブルに悩まされているのか、どの製品が自分に一番合っているのか再度確認してみてください。

1位 ゴッソトリノ2位 デイリーワン3位 シシュテック4位 ブレスラボ5位 リステリン
ゴッソトリノデイリーワンシシュテックブレスラボリステリン
【最も期待できる効果】
口臭予防
【最も期待できる効果】
口臭予防
【最も期待できる効果】
歯周病予防
【最も期待できる効果】
口臭予防
【最も期待できる効果】
虫歯予防
【販売価格】
初回:1,518円(税込)
通常:4,840円(税込)
2回目以降:3,630円(税込)
【販売価格】
初回:980円(税込)
通常:5,581円(税込)
2回目以降:7,924円(税込)

※2回目以降、2箱での販売

【販売価格】
初回:1,628円(税込)
通常:9,680円(税込)
2回目以降:5,478円(税込)
【販売価格】
889円(税込)
【販売価格】
500ml:768円(税込)
1000ml:1,098円(税込)
【内容量】
1箱:30包(1包:8ml)

日本製

【内容量】
1箱:30包(1包:8ml)

日本製

【内容量】
1本:500ml

日本製

【内容量】
1本:450ml

日本製

【内容量】
1本:500ml 1000ml

中国製

【有害成分】
パラベン
【有害成分】
パラベン
【有害成分】
塩化セチルピリジニウム
パラベン
【有害成分】
塩化セチルピリジニウム
安息香酸塩
【有害成分】
ラウリル硫酸ナトリウム
サッカリンナトリウム
塩化亜鉛
安息香酸塩
着色料
「ゴッソトリノ」公式ページ「デイリーワン」公式ページ「シシュテック」公式ページ「ブレスラボ」公式ページ「リステリン」公式ページ
おすすめの記事